VMware Update Manager ~インストール~

ESX/ESXiホストのアップデート、アップグレードができる Update Manager 5.0 の環境をつくりました。
ESX4.1からESXi5.0へのアップグレードも簡単にできてしまいます。とても便利!!
VMware Update Manager

Update Manager 5.0 は、こんなことができます。
 ・ESX/ESXiホストへのパッチ適用
 ・ESX/ESXiホストのアップグレード (例:ESX4.1→ESXi5.0)
 ・ESX/ESXiホストのサードパーティ製ソフトウェアのアップデート
 ・仮想マシンの VMware Tools のアップデート
 ・仮想マシンの ハードウェアバージョンのアップグレード
 ・仮想アプライアンスのアップグレード
 (4.x は、仮想マシンのゲストOS(Windows、Linux)のパッチ適用までできていたようだが...)

Update Managerは、サーバコンポーネントと、vSphere Clientのプラグインコンポーネントの2つで構成されています。
ですので、サーバへのインストールと、vSphere Clientへのプラグインのインストールが必要になります。

システム要件については、「VMware vSphere Update Manager の インストールと管理」ドキュメントに記載があります。


VMware Update Manager サーバ コンポーネント のインストール

まずは、サーバコンポーネント(サービス)をインストールします。
vCenter Server と 同じサーバにインストールしました。
VMware Update Manager
【お試し環境の図】


1. VMware vCenter インストーラ起動。
  "VMware vSphere Update Manager"選択、[インストール]クリック。
VMware Update Manager


2. "日本語"選択、[OK]クリック。
VMware Update Manager


3. [次へ]クリック。
VMware Update Manager

4. [次へ]クリック。
VMware Update Manager

5. "使用許諾契約書に同意します"選択、[次へ]クリック。
VMware Update Manager

6. 既定値のまま、[次へ]クリック。
VMware Update Manager

7. vCenter Server への接続情報を入力し、
  [次へ]クリック。
VMware Update Manager
補足:HTTPポートは、vCenter Server にログインして、
    メニュー「管理」の「vCenter Server 設定」で確認できます。

8. 小規模環境(最大5台のホストおよび最大50台の仮想マシン)
  であれば、既定の SQL Server Express のまま、[次へ]クリック。
VMware Update Manager

9. IPアドレス/ホスト名は、vCenter Server からも、ESXホストからも
  アクセスできるものを選択。
  ここでは、管理ネットワーク(192.168.5.0/24)※1を選択。
  ポート番号は既定値のまま、[次へ]クリック。
VMware Update Manager
※1:お試し環境の図の 青色 のネットワーク

10. 既定値のまま、[次へ]クリック。
  (運用環境であれば、パッチのダウンロード場所は、ハードディスク
  容量の大きなドライブを指定すればよいでしょう。)
VMware Update Manager

11. お試し環境のため、ハードディスクの空き容量が少なく、
  警告メッセージが表示されるが、[OK]クリック。
VMware Update Manager

12. [インストール]クリック。
VMware Update Manager

(しばらく待つ...)
VMware Update Manager

13. [終了]クリック。
VMware Update Manager

ここまでで、VMware Update Manager サーバ のインストールは完了。
vCenter Server にログインすると、VMware Update Manager により パッチ定義がダウンロードされたことが確認できます。
VMware Update Manager

まだ、サーバ機能だけしかありませんので、何も操作できません。
次に vSphere ClientにUpdate Manager Client プラグインをインストールします。


VMware Update Manager Client プラグイン コンポーネント のインストール

1. vSphere Client で vCenter Server にログイン。

2. メニュー[プラグイン]の[プラグインを管理]選択。
VMware Update Manager

3. 「プラグイン マネージャ」の"使用可能なプラグイン"にある
  "VMware vSphere Update Manager"の"ダウンロードとインストール"クリック。
VMware Update Manager

4. "VMware-UMClient.exe"実行の警告が表示されるが、[実行]クリック。
VMware Update Manager

5. "日本語"選択、[OK]クリック。
VMware Update Manager

6. [次へ]クリック。
VMware Update Manager

7. "使用許諾契約書に同意します"選択、[次へ]クリック。
VMware Update Manager

8. [インストール]クリック。
VMware Update Manager

(しばらく待つ...)
VMware Update Manager

9. [終了]クリック。
VMware Update Manager

10. 証明書に関する警告は、"この証明書をインストールし、…"にチェックを付け、
  [無視]クリック。
VMware Update Manager

11. VMware vSphere Update Manager プラグインが"有効"なことを確認して、
  [閉じる]クリック。
VMware Update Manager

ここまでで、VMware Update Manager Client プラグイン のインストールは完了。

"ホーム"をみると、"ソリューションおよびアプリケーション"に"Update Manager"が追加されています。
VMware Update Manager

VMware Update Manager のインストールは、すべて完了!


VMware Update Manager での ESXi 5.0 のアップデートはこちら。
VMware Update Manager での ESX 4.1 から ESXi 5.0 のアップグレードはこちら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック